なぜ給料が上がらないのか?【史上最高景気の裏側】

なぜ給料が上がらないのか?【史上最高景気の裏側】
かんがえる人
かんがえる人
なんか好景気という割には給料上がらないよね

政府からは、アベノミクス効果により日本の経済は好調であると報じられていますが、

 

その実感があるという方はかなり少ないのではないでしょうか?

 

実は、今の日本社会では「好景気=給料アップ」という構造は完全に崩壊しつつあります。

 

今回は、その背景等について解説をしていきます。

 

■この記事の内容
・日本景気と給料の確認
・給料が上がらない要因

日本景気と給料の確認

 

 

 

まず、日本の景気が今どのような状況なのか確認してみましょう。

 

出所:日本経営合理化協会

https://www.jmca.jp/column/tu/tu99.html

 

こちらのグラフで確認できる通り、安倍首相が総理大臣に就任してからの始まった好景気(アベノミクス景気)は、バブル景気、いざなみ景気をこえ、戦後最長の水準に到達しています。

 

こちらのデータを引き合いにアベノミクスは成功しているとよく報じられているわけです。

 

 

 

続いてみていただきたいのが、企業の純利益の推移になります。

 

こちらでも確認できるのが、現在の圧倒的な好景気ぶりです。

 

バブル期の最高純利益は1989年の17.9兆円、リーマンショック前の最高純利益は2006年の28.1兆円なのに対し、

 

2017年の純利益は、なんと61兆4000億円です。

 

過去の好景気の時より、2倍3倍以上も純利益を上げていることになります。

 

 

また企業内部留保額も過去最高を更新し続けており、2018年時点での内部留保額は合計463兆円にも達します。

 

内部留保金があれば多少の不景気に見舞われたとしても、乗り越える体力を残す体力が可能です。

 

こうした企業の順調ぶりにたいして、世の中の平均年収に関しては、

 

 

このように横ばい状態です。

 

むしろ不況に陥っていたはずのバブル崩壊後の時より収入は下がっているような状況です。

 

こうした状況では「実感なき景気回復」と揶揄されて致し方ないように感じます。

 

 

給料が上がらない要因

 

 

こんなにも好景気なのになぜサラリーマンの給料は上がらないのでしょうか?

 

原因としては、以下の2点が挙げられます。

 

・企業のバブル崩壊によるトラウマ
・労働組合の存在意義の変化

 

それぞれについて解説をしていきます。

 

企業のバブル崩壊によるトラウマ

 

バブル崩壊以前の日本に関しては、多少の不景気があろうと、すぐに回復し、成長を続けていけるというのが共通認識でした。

 

ですので、バブル崩壊後、まさか20年も不景気が続くとは夢にも思わなかったのです。

 

こうした不景気がトラウマになってしまった企業としては、たとえ好景気が来ても、それがずっと続くなどという楽観的な発想にはなれません。

 

バブル以前は売り上げを伸ばす経営者が評価されましたが、現在はそれ以上に会社をつぶさない経営者が評価される時代になっています。

 

会社をつぶさないためにまず行うのが、「経費削減」です。

 

そこで一番重い経費が何か問われれば間違いなく「人件費」が該当してきます。

 

経営者としては、会社をつぶせば全批判が自分に集中してきますので、その批判を回避するために人件費を抑制せざるを得ない状況です。

 

こうして、企業の内部留保体質が出来上がりました。

 

 

労働組合の存在意義の変化

 

もう一つ大きな要因として考えられるのは、「労働組合」の存在意義が大きく変わってきてしまっていることが挙げられます。

 

労働組合の役割は、組合員の労働環境の改善です。

 

給料も当然労働環境の一つとして考えられますので、バブル崩壊以前では、積極的に賃上げ交渉や、ボーナスアップの交渉を行っていました。

 

ですが、バブル後の不景気を経験して、「働けることが当たり前ではない」という認識が広がってからは、労働組合の役割も「給料を上げる」から「クビにしない」というものに変化していきました。

 

加えて、労働組合の組織率(勤務者における労働組合入会率)も近年大きく下がりつつあります。

 

 

出所:@人事

https://at-jinji.jp/blog/23065/

 

 

平成初期は25%近くあった組織率も現在は17%まで落ち込んでいます。

 

役割の変化とそもそも賃上げ交渉を行う人数も減ることによって、さらに給料が上がりづらい環境が整ってしまっているといえます。

 

まとめ

 

・現在日本は好景気だが、給料アップには繋がっていない

・バブル崩壊によるトラウマなどが給料が上がらない大きな原因になっている

 

 

より実践的な知識を身に付けたい方は是非こちらへ

⇓⇓

https://peraichi.com/landing_pages/view/6money

 

 

動画版はこちら